iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

バッテリーの最大容量って 何?

こんばんは。 メガ テン  です!

バッテリー交換に来られるお客様が よく言われる症状・・・

「とにかく 減りが早い・・・」

「朝100%だったのに お昼には50%もない。。」

「数10%あったはずなのに しばらくすると切れる・・」

多くの方が この様な症状を お話されます。。(”◇”)ゞ

この 「% 表示」 どういう仕組みなのか・・・

「あいふぉクン」に 聞いてみましょう!


新しい「あいふぉクン」の場合は・・・

「僕のバッテリーは まだ容量たっぷりだから」

「100%なら たっぷり仕事ができるよ!」


例えるなら・・・2リットルのペットボトル

「たくさんのコップに 注ぐことができます」


バッテリーが劣化してきた「あいふぉクン」は・・・

「100%のつもりなんだけど・・・」

「もう 充電できる 容量が 少なくなってきてるから・・・」


ペットボトルで 例えたら・・・

500mlのサイズじゃ あまりたくさん注げません


★バッテリーは、充電容量が決まっています。

★バッテリーは、劣化すると充電容量が少なくなります。

アイフォンの充電残量の表示は%(割合)なので・・・

おなじ 100%表示 だったとしても、、、

たっぷり 充電出来たころの 100%と・・

少ししか 充電できなくなった場合の 100%では・・

実際の量は 極端な場合 新品のころの 1/10って事も・・

単純計算では、以前と同じ作業をしてバッテリーを消費すると、以前の10倍のスピードで残量の%が減っていきます。

さっきまで 充電あったはずなのに・・・ は

バッテリーがそろそろ 限界だよ! のサインの一つです。

あれれ? と 思ったときは。。。

アイフォン修理のお店

「リペア本舗 滋賀南草津店」まで!

LINEで送る

修理メニュー